自動車の登録・車庫証明業務

自動車の登録手続
 自動車は、法令で定められた規格により種類が定められています。自動車の保有には種類に応じた検査・登録・届出などの手続きをそれぞれの管轄機関で行う必要があります。普通自動車や小型自動車などの登録自動車、251cc以上のオートバイは「運輸支局又は検査登録事務所」、軽自動車は「軽自動車検査協会」、126cc~250ccのオートバイは「軽自動車協会」、小型特殊自動車や原動機付自転車(125cc以下のバイク)は「市町村」で各種手続きを行う必要があります。
 登録自動車の主な手続きには、ナンバーのついていない自動車を取得し新たに登録する場合の「新規登録」、保有している自動車の住所や氏名、使用の本拠地などを変更した場合の「変更登録」、自動車を売買などで、譲渡・譲受する場合の「移転登録」、自動車の使用をやめたり廃車する場合の「抹消登録」、ナンバープレートを紛失した場合などの「番号変更」があります。
 自動車をディーラーで購入するときは、納車までに登録手続が済んでいると思いますが、友人から譲り受けて所有者が変わった場合、引っ越しで住所が変わった場合などは登録手続は自分で行わないといけません。これらの手続きを怠ると法により罰金が課せられる場合があったり、リコールの案内が届かないなど自動車を保有するにあたって支障が生じることがあります。
 当事務所ではこれらの自動車の保有に関する手続きを行っています。平日は仕事で手続きに行けない必要書類がわからないなどありましたら、当事務所へご相談ください。
自動車の相続手続き
 自動車の所有者が亡くなった場合には、土地・建物などの不動産と同様に相続財産となりますので相続手続きが必要になります。自動車の手続きに関しては、自動車をそのまま遺族の方が乗り続ける場合、他人に譲渡する場合、廃車する場合などにより手続きの仕方や必要書類が異なります。
 自動車に関しては、不動産に比べ比較的財産としての価額が低いので必要書類や手続きに関しては簡便な方法が認められる場合がありますので、相続手続きを行う場合には事前にご相談ください。また、相続放棄を考えている場合には、自動車も相続財産であるため安易に手続してしまうと後々相続放棄ができなくなる場合もありますので、注意が必要です。
 たまに、不動産や預貯金の相続手続きは済んだけど自動車は何もしていない、自動車を売却しようとしたら所有者が亡くなった人のままになっていたという話があります。当事務所では、自動車の相続手続きだけでなく、預貯金などの相続手続きも行っておりますので自動車の所有者が亡くなっ場合には、ご相談ください。
出張封印
 「出張封印って何?」と思うと思いますが、自動車の後部のナンバープレートのビスのところに銀色の「封印」が取り付けられています。自動車の登録などで新しいナンバープレートを取り付けるときにはこの「封印」を取り付ける必要があります。「封印」取付けはディーラーなどで車を購入した場合は、そのディーラーが封印取付けの委託を受けている場合は、ディーラーで取り付けますが、それ以外の場合は運輸支局に車を持ち込んで封印の取付けをする必要があります。個人売買で車を購入して登録に伴いナンバープレートが変わる場合、今のナンバーがあまり気に入らないので、希望ナンバーにしたい場合などは、運輸支局に持ち込む必要があり、平日に時間を取って手続きに行かなければなりません。なお、封印があるのは普通自動車や小型自動車の登録自動車で、軽自動車には封印はありません。
 行政書士はこの封印を依頼者の自宅などに出張して取付けすることができます。これが「出張封印」です。出張封印を行う場合には、特別な研修の受講と自動車登録に精通していることが条件となっています。
 当事務所では、この出張封印の取り扱いも行っておりますので、友人から自動車を購入した、譲り受けたなどで名義変更によりナンバーを変える必要がある、ご当地ナンバーに変更したいなど自動車ののナンバー変更に関する手続きは、当事務所にお任せください。
車庫証明の手続き
 自動車を保有するためには、保管場所を確保しなければなりません。自動車の保有者は、保管場所を管轄する警察署長に対して、保管場所の使用権限を疎明する書面を添えて自動車保管場所証明申請を行い、保管場所の証明を受ける必要があります。自動車を新たに取得して登録するときや住所変更登録をするときには、保管場所証明書を必要書類として運輸支局に提出する必要があります。
 登録自動車はすべての市や町が保管場所の適用地域となりますが、一部の村が適用地域になっている場合や市町村合併により市や町に編入した旧村においては、適用外となっています。
 軽自動車は、保管場所の届出となっていて名義変更の際に車庫証明は提出する必要はありません。福島県内の軽自動車の適用地域は福島市、郡山市、会津若松市、いわき市のみとなっています。
 車庫証明申は比較的簡単な手続きですが、平日に2回警察署へ行く必要があります。また、権利関係については正しく確認して申請する必要がありますので、車庫証明申請の手続きは専門家である行政書士におませかください。車庫証明申請は自動車の登録に関係するため迅速かつ正確な対応うが必要になりますので、経験豊富な当事務所にお任せください。